越谷キャンパス 開講予定講習

開始月
履修認定職種

【必修領域】

全ての受講者が受講する領域です。


【必修】教育の最新事情 

概要を見る

本学は、29年度に教員免許状更新講習を開催し、多くの成果を挙げることができた。この実績を踏まえて、必修領域を①国の教育政策や世界の教育の動向、②教員としての子ども観、教育観等についての省察、③子どもの発達に関する脳科学、心理学等における最新の知見(特別支援教育に関するものを含む)、④子どもの生活の変化を踏まえた課題、の4領域で構成し実施する。修了認定試験は筆記による総合的問題を講習の最後の時間に実施する。
なお、全教員対象の講習ではあるが、取り上げる事例は小中学校のものが中心となる。

日程
2018年08月03日(金)
時間
9:30~17:10
講師
手嶋 將博/太郎良 信/谷口 清/会沢 信彦
定員
150 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他

【必修】教育の最新事情 

概要を見る

本学は、29年度に教員免許状更新講習を開催し、多くの成果を挙げることができた。この実績を踏まえて、必修領域を①国の教育政策や世界の教育の動向、②教員としての子ども観、教育観等についての省察、③子どもの発達に関する脳科学、心理学等における最新の知見(特別支援教育に関するものを含む)、④子どもの生活の変化を踏まえた課題、の4領域で構成し実施する。修了認定試験は筆記による総合的問題を講習の最後の時間に実施する。
なお、全教員対象の講習ではあるが、取り上げる事例は小中学校のものが中心となる。

日程
2018年08月04日(土)
時間
9:30~17:10
講師
松田 素行/加藤 理/小野里 美帆/谷島 弘仁
定員
150 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他

【選択必修領域】

受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する領域です。

※「想定する受講者」は受講者の希望と講習内容のミスマッチを防止するための表示です。「想定する受講者」以外の方であっても受講可能ですが、極力ご自分の立場に合った講習を選択してください。
※時間数は、各6時間です。
※いずれか1講習のみ選択してください。

【選択必修】新学習指導要領に応じた英語授業の在り方  (事項:英語教育)

概要を見る

新学習指導要領に応じた英語授業の在り方について、目標、教材・活動、指導法、評価等の視点から解説。具体的な活動を含めてワークショップスタイルで行う。
キーワード:主体的な学び、対話的な学び、全人教育、クロスカリキュラム、CLIL、協働学習、文字指導、形成的評価、Can-Do リスト、ポートフォリオ、ふりかえり、Classroom English、 Global education, 異文化間教育

日程
2018年08月06日(月)
時間
9:30~17:00
講師
金森 強/中山 夏恵
定員
60 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭(英語), 高等学校教諭(英語)

【選択必修】国際比較を通して考える教育現場での「異文化理解」と「国際理解」  (事項:国際理解及び異文化理解教育)

概要を見る

グローバル化が進み、外国籍の子供など、様々な文化的背景を持つ児童生徒が増加した。本講座では、ヨーロッパの教育現場との国際比較を通し、多様な背景を持つ児童生徒と教員が相互理解を深めるための基盤整備を行う。できればグループワークを取り入れ、身近な「異文化」理解を積みあげることが、「国際」理解につながることを確認したい。さらに「ポートフォリオ」にその活動を記録し、日々の教育実践に役立つ視点や道徳教育等にも通ずる素材を提供したい。

日程
2018年08月06日(月)
時間
9:30~17:00
講師
山川 智子
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他
想定する受講対象者
幼稚園教諭, 小学校教諭, 中学校教諭, 高等学校教諭

【選択必修】子どもの豊かな育ちと地域社会~学校・家庭・地域のこれからを考える~  (事項:学校、家庭及び地域の連携及び協働)

概要を見る

近年、「地域の教育力」や「学校・家庭・地域の連携・協働」といったキーワードのもと、地域全体で子どもを育てる仕組みをいかにつくっていくかが課題となっている。本講座では、「学校・家庭・地域の連携・協働」が求められるようになった背景、および「地域の教育力」を活かした学校教育および社会教育の推進をめぐる基本的な論点を整理するとともに、今後の課題や展望について考えていく。

日程
2018年08月07日(火)
時間
9:30~17:00
講師
青山 鉄兵/村上 純一
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他
想定する受講対象者
全教員

【選択必修】道徳科の理論と指導法  (事項:道徳教育)

概要を見る

道徳科の目標を理解し、自己の生き方についての考えを深める指導法の可能性を探る。わが国の道徳教育の歴史を概観し、道徳とは何か、道徳は教えられるかという問題を、教育哲学の観点から考察する。道徳科では、道徳的価値の理解が基盤となるので、読み物資料を実際に解読する作業を取り入れる。ワークショップの方式で、グループごとに発問と指導のポイントを検討して発表し、各グループの授業の構想を学び合う。そして、「生きる力」を育む道徳教育の構想を考えたい。

日程
2018年08月08日(水)
時間
9:30~17:00
講師
豊泉 清浩
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭

【選択必修】国際比較を通して考える教育現場での「異文化理解」と「国際理解」  (事項:国際理解及び異文化理解教育)

概要を見る

グローバル化が進み、外国籍の子供など、様々な文化的背景を持つ児童生徒が増加した。本講座では、ヨーロッパの教育現場との国際比較を通し、多様な背景を持つ児童生徒と教員が相互理解を深めるための基盤整備を行う。できればグループワークを取り入れ、身近な「異文化」理解を積みあげることが、「国際」理解につながることを確認したい。さらに「ポートフォリオ」にその活動を記録し、日々の教育実践に役立つ視点や道徳教育等にも通ずる素材を提供したい。

日程
2018年08月09日(木)
時間
9:30~17:00
講師
山川 智子
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
持ち物・その他
想定する受講対象者
幼稚園教諭, 小学校教諭, 中学校教諭, 高等学校教諭

【選択領域】

受講者が任意に選択して受講する領域です。

※「想定する受講者」は受講者の希望と講習内容のミスマッチを防止するための表示です。「想定する受講者」以外の方であっても「履修認定職種」が適合していれば、受講可能ですが、極力ご自分の立場に合った講習を選択してください。
※時間数は、各6時間です。
※同じ名称の講習は、同じ内容で行います。いずれかご都合の良い日程をお選びください。

【選択】基礎からの社会科授業力アップ ― 社会科が苦手、でも気になるという人のために ― 

概要を見る

現在、小学校に多く見られる社会科授業のもとになる類型を3つ取り上げ、その根底にある考え方と問題点を説明する。
したがって、教材研究の仕方や社会科授業の how to だけを学びに来た方には違和感があるかもしれない。だが、社会科論が異なると同じ「日本の自動車工業」の学習が全く異なったものになる理由が見えて来る。これにより、社会科授業を観る目が格段に変わるはずである。
そうした経験をしたい方には適合的な話となるだろう。
評価の対象とするのは、社会科論についての見解を対話風に書いてもらうエッセーである。受講生のなかには、「対話」風に書くことを嫌って、論文風に書く方も5%~10%ほどいるが、学習指導要領で「対話」の大切さが強調されている意味を考えて頂きたい。

日程
2018年06月09日(土)
時間
9:30~17:00
講師
吉田 正生
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭
持ち物・その他

【選択】主体的に楽しく学ぶ理科授業の展開 

概要を見る

楽しい理科の学習ができるよう、
〇新学習指導要領の趣旨と内容の概要に関する解説。
〇主体的・対話的で深い学びの授業例についての講話。
〇興味・関心を高める簡単な実験の紹介と体験。
〇基本的な観察・実験の実習。
○小・中・高の理科の系統的な学習についての考察。
〇児童・生徒が興味を持って楽しく活動する授業についての情報交換。
等を通して、理科が少し苦手な先生も楽しく体験できる講習を行います。

日程
2018年06月09日(土)
時間
9:30~17:00
講師
小林 秀明
定員
48 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭(理科), 高等学校教諭(生物)
持ち物・その他
・学習指導要領(最新のもの)

【選択】数学的活動を通した授業づくり 

概要を見る

現行学習指導要領では,小・中・高等学校を通じて,算数・数学科の授業における算数的活動・数学的活動の一層の充実が求められています。でも,充実が求められるのはなぜなのでしょう?また,どうすれば充実することができるのでしょう?
この講習では,次期学習指導要領で重視されている「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指したアクティブ・ラーニングの視点も踏まえながら,数学的活動について考えます。

日程
2018年06月16日(土)
時間
9:30~17:00
講師
永田 潤一郎
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭(数学), 高等学校教諭(数学)
持ち物・その他
・当該学校種・教科の学習指導要領解説
・授業で用いている教科書(ある場合)

【選択】科学的根拠に基づいた適切な情報の受け取り方・伝え方 

概要を見る

メディアを通して発信される大量の情報の中には、科学的根拠のないものや、受け取る側が適切に理解することが困難なものも多く存在している。本講座では「科学のようで科学でない」ものを見分ける科学的な視点や、心理学の観点から情報の認知の仕方や意思決定に関連する思考の偏りについて学び、多様な情報を分析するための批判的思考(クリティカルシンキング)を習得する。教育・養護・食育場面等で氾濫する情報について、適切な理解とそれらを伝達するための知識を得ることを目的とする。

日程
2018年06月16日(土)
時間
9:30~17:00
講師
増田 智尋/長島 雅裕
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭, 養護教諭, 栄養教諭
想定する受講対象者
全教員
持ち物・その他

【選択】学び合いで学力を向上させる小学校算数科の授業研究 

概要を見る

小学校算数科の授業力を向上するには、授業研究が最も実践的であり効果的である。本講習では全国から算数の授業がうまいと言われる先生方の授業のビデオを視聴して、授業研究を行う。まず授業ビデオを、そしてコメントビデオを、最後にインタビュービデオを視聴し、その合間に簡単な演習を行う。授業研究を通して、授業設計を見つめ直すとともに、教材研究の方法、効果的な指導方法など多面的に授業の在り方を検討していく。

日程
2018年06月23日(土)
時間
9:30~17:00
講師
石井 勉
定員
48 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭
持ち物・その他

【選択】働く場の現状と課題 ~学ぶこと・働くこと・生きることを考える~ 

概要を見る

本講座では、キャリアを共通テーマとして、「学ぶこと・働くこと・生きること」の関連について参加者の皆さんと考えることを目的とします。前半は、働く場の現状と課題および学びの場にキャリア教育が求められる背景と課題を提起し、実習を通して学ぶことと働くことの関連を中心に、多様な視点から考える場を共有します。後半は、個人の適性や就職してからの経験や加齢による変化を視野に入れながら、学校で考えるキャリアの理想と企業などに就職してから実際に歩むキャリアの現実とのギャップについて考えます。

日程
2018年06月23日(土)
時間
9:30~17:00
講師
幸田 達郎/正木 澄江
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
高等学校教諭
持ち物・その他

【選択】批判的思考法とプロパガンダ -消費者教育・有権者教育の一助として- 

概要を見る

古代史からデジタル化時代まで、多種多様の事情における実例を取り上げながら「宣伝」の本質について考察する。「消費者」や「有権者」として経験のある方は誰でも「宣伝」というメッセージの標的になったことがある。この講座を通じて、自分自身の宣伝との向き合い方について振り返るとともに、消費者教育や有権者教育に欠かせない批判的思考法の一端に触れていただきたい。

日程
2018年06月23日(土)
時間
9:30~17:00
講師
グラハム 児夢
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
中学校教諭, 高等学校教諭
持ち物・その他

【選択】国語教育の今日的課題と授業改革 

概要を見る

前半は、平成20年版学習指導要領をふまえた国語教育の今日的課題を整理する。特に、アクティブラーニングへの対応、「思考力、判断力、表現力」「知識・技能を活用した言語活動」「深い学び、浅い学び」「交流活動」といった課題について、国語教育の視点から、具体例をふまえながら講義する。
後半は、アクティブラーニングの視点を含め、他教科における言語活動の充実の授業実践例と、国語科の授業実践事例をビデオを通じて検討する。特に「意欲、習得、活用、探究」の授業構成について整理、検討を行いたい。

日程
2018年06月30日(土)
時間
9:30~17:00
講師
萩原 敏行
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭(国語)
持ち物・その他

【選択】書写指導の基礎基本 

概要を見る

小学校・中学校の書写指導に必要な知識・技能について、その基礎基本を確認する。今次の改訂内容も含めた学習指導要領のポイントや、具体的な指導法等に触れながら、日頃の実践上の疑問を解消し、現場での書写の授業実践に直接生かせる内容で進める。幼稚園における文字指導にも十分参考になる内容と考えられる。受講者の状況によって、高等学校芸術科書道の内容にも触れる。基本的な毛筆書写用具と鉛筆(2B程度)は各自で用意する。

日程
2018年06月30日(土)
時間
9:30~17:00
講師
豊口 和士
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
幼稚園教諭, 小学校教諭, 中学校教諭(国語)
持ち物・その他
・基本的な毛筆書写用具 ※墨液は各自でご用意ください。半紙は配布します。
・鉛筆(2B程度)
・筆を洗うための空ペットボトル(500mL程度)

【選択】小学校の体育科授業を創る体育・スポーツ科学の基礎 - 体育・スポーツの方法学、心理学、経営学 - 

概要を見る

どの教科にも、授業や学習指導を講じる際の基礎となる学問分野があります。小学校の授業づくりからは少し離れますが、けして不要な知識ではありません。体育科の基礎となる「体育・スポーツ科学」は学際総合科学と呼ばれ、人文社会学から自然科学に及ぶ複数の基礎科学と、それらを融合させた実践科学とで大系されています。本講座では、体育・スポーツ科学の大系を概説した後、人文社会学系の代表的な理論、例えば、体育心理学の「動機づけ理論」、体育経営学の「組織経営論」、体育方法学の「リーダーシップ論」などをご紹介します。

日程
2018年07月07日(土)
時間
9:30~17:00
講師
佐藤 正伸
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭
持ち物・その他

【選択】発達障害の理解と親子支援:不安と攻撃性のメカニズム・ペアレンティング理論を理解する 

概要を見る

発達障害児者においては、正しい知識を習得した支援者が適切な環境を提供することで、より良い療育的効果を期待することができる。本講座では、発達障害における「不安」と「攻撃性」の発生メカニズムと相互関連性を、脳科学・医学の最新知識をベースに理解する。そして、家庭における不安や攻撃性の増悪要因として、生活リズムの乱れや学校の不適切な関わり方があることを学び、さらに演習形式で、より適切な親子支援法である「ペアレンティング」理論を体感する。

日程
2018年07月07日(土)
時間
9:30~17:00
講師
成田 奈緒子
定員
80 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭, 養護教諭, 栄養教諭
想定する受講対象者
全教員
持ち物・その他
※事前配布するテキストを読んで内容を理解しておいてください。実際の講義は当日配布資料に基づいて行います。

【選択】コードネームで子どもの歌のピアノ伴奏を弾く 

概要を見る

本講座では、コードネームを使った弾き歌いのピアノ伴奏を習得する。コードネームにより、弾き手の技術レベルに適した伴奏を無理なく身につけることができる。講座は、Music Laboratory(以下MLと略)教室を使用する。MLシステムでは1人1台の電子キーボードを使い、受講生は各々のレベルに応じた課題を練習する。したがって、ピアノが得意な方、不得意な方、新しい曲を身につけたい人等々、ピアノの技能のブラッシュアップに活用してほしい。

日程
2018年07月07日(土)
時間
9:30~17:00
講師
小倉 隆一郎
定員
30 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
幼稚園教諭
持ち物・その他
・弾きたい曲がある方は楽譜を持参(特にない場合は大学で用意したものを使用します)

【選択】主体的に楽しく学ぶ理科授業の展開 

概要を見る

楽しい理科の学習ができるよう、
〇新学習指導要領の趣旨と内容の概要に関する解説。
〇主体的・対話的で深い学びの授業例についての講話。
〇興味・関心を高める簡単な実験の紹介と体験。
〇基本的な観察・実験の実習。
○小・中・高の理科の系統的な学習についての考察。
〇児童・生徒が興味を持って楽しく活動する授業についての情報交換。
等を通して、理科が少し苦手な先生も楽しく体験できる講習を行います。

日程
2018年07月14日(土)
時間
9:30~17:00
講師
小林 秀明
定員
48 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭(理科), 高等学校教諭(生物)
持ち物・その他
・学習指導要領(最新のもの)

【選択】ペーパーエンジニアリング(紙による造形) 

概要を見る

本講習では美術教育における、ものつくりの活動(工作)を中心に講義と演習を行う。講義では造形材料と加工方法について、実物の材料や工具、視覚資料などを用いて解説を行い、教員の知識面での指導力の向上を図る。演習では身近な造形材料である紙を用いて、個人の能力に応じた題材を、それぞれで設定し制作を行う。制作では、発想からイメージを視覚化する過程を通して、教員の発想面での指導力の向上を図るとともに、工具を利用したものつくりの体験を通して、技術面での指導力の向上を図る。

日程
2018年07月14日(土)
時間
9:30~17:00
講師
久保村 里正
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
幼稚園教諭, 小学校教諭, 中学校教諭(美術), 高等学校教諭(美術)
持ち物・その他

【選択】ストレス社会を生き抜く ―教師と児童・生徒のためのストレスマネジメント― 

概要を見る

学校現場におけるストレスは多種多様であり、教師と児童・生徒の心身の健康のためには、効果的な対処法の習得が必要である。そこで前半では、教師と児童・生徒の抱えるストレスに焦点を当て、ストレスのメカニズムとストレスマネジメントについて講義する。後半は、不登校、いじめ、発達障害にまつわる児童・生徒の対人関係のストレスについて講義する。教師自身、また児童・生徒にも実施できるストレスへの対処法について体験学習も行う予定である。

日程
2018年07月14日(土)
時間
9:30~17:00
講師
大木 桃代/三浦 文子
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭, 養護教諭
想定する受講対象者
全教諭, 養護教諭
持ち物・その他

【選択】国語教育の今日的課題と授業改革 

概要を見る

前半は、平成20年版学習指導要領をふまえた国語教育の今日的課題を整理する。特に、アクティブラーニングへの対応、「思考力、判断力、表現力」「知識・技能を活用した言語活動」「深い学び、浅い学び」「交流活動」といった課題について、国語教育の視点から、具体例をふまえながら講義する。
後半は、アクティブラーニングの視点を含め、他教科における言語活動の充実の授業実践例と、国語科の授業実践事例をビデオを通じて検討する。特に「意欲、習得、活用、探究」の授業構成について整理、検討を行いたい。

日程
2018年07月21日(土)
時間
9:30~17:00
講師
萩原 敏行
定員
100 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭, 中学校教諭(国語)
持ち物・その他

【選択】英語教育における新しい理論と実践 

概要を見る

これからの英語教育では、「教え中心」から「学び中心」への教育のパラダイム・シフトや新しい学力観などを踏まえて、指導理論と授業実践の再構築が図られなければならない。小・中・高を通じた系統的な英語教育改革も、教育全体の改革の方針を反映したものとなろう。本講座では、英語教育の未来を拓く教師に求められる資質・能力と役割、英語教育の新しい理論と実践などについて、教育現場の実情を考慮しながら、参加者間で協議し考察する。

日程
2018年07月21日(土)
時間
9:30~17:00
講師
小嶋 英夫
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
中学校教諭(英語), 高等学校教諭(英語)
持ち物・その他

【選択】学び合いで学力を向上させる小学校算数科の授業研究 

概要を見る

小学校算数科の授業力を向上するには、授業研究が最も実践的であり効果的である。本講習では全国から算数の授業がうまいと言われる先生方の授業のビデオを視聴して、授業研究を行う。まず授業ビデオを、そしてコメントビデオを、最後にインタビュービデオを視聴し、その合間に簡単な演習を行う。授業研究を通して、授業設計を見つめ直すとともに、教材研究の方法、効果的な指導方法など多面的に授業の在り方を検討していく。

日程
2018年07月28日(土)
時間
9:30~17:00
講師
石井 勉
定員
48 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭
持ち物・その他

【選択】小学校の体育科授業を創る体育・スポーツ科学の基礎 - 体育・スポーツの方法学、心理学、経営学 - 

概要を見る

どの教科にも、授業や学習指導を講じる際の基礎となる学問分野があります。小学校の授業づくりからは少し離れますが、けして不要な知識ではありません。体育科の基礎となる「体育・スポーツ科学」は学際総合科学と呼ばれ、人文社会学から自然科学に及ぶ複数の基礎科学と、それらを融合させた実践科学とで大系されています。本講座では、体育・スポーツ科学の大系を概説した後、人文社会学系の代表的な理論、例えば、体育心理学の「動機づけ理論」、体育経営学の「組織経営論」、体育方法学の「リーダーシップ論」などをご紹介します。

日程
2018年07月28日(土)
時間
9:30~17:00
講師
佐藤 正伸
定員
50 名
取得時間
6時間
受講料(卒業生)
6,000円(4,800円)
履修認定職種
教諭
想定する受講対象者
小学校教諭
持ち物・その他
開始月
履修認定職種

ページの先頭へ